失恋を引きずる男性の特徴

人によって恋愛に対する認識は違っていて、「単なる遊び」と考えている人もいれば、毎回「この人と結婚するかもしれない」と考えている人もいます。
特に女性は恋愛相手とは常に結婚を意識せざるを得ないという人が多く居ますが、男性の場合はほとんどが結婚を意識していません。
もちろん、最初から結婚をしたいと思いながら恋愛を開始する状況もあるので、必ずしも意識をしていないとは限りません。
ただ、割合としてはマイノリティだということです。

女性の場合、恋愛に終わりが来た段階で次のステージに向けて気持ちの切り替えをすることが上手です。
数日~数か月程度引きずる可能性はもちろんありますが、だからといって失恋に対して強く執着することはそれほど多くありません。
しかし、男性の場合は失恋を長々と引きずって、いつまでも未練たらしく女々しい考えを持ち続けていることも多々あります。

当然、男性の中にもさまざまなタイプが存在しています。
外見は問題ではなく中身が重要ポイントになるわけですが、こと恋愛に関しての考え方は二極化して考えることができます。
その中で割り切ることができる人に関してはここでは触れず、「失恋を引きずる男性」について特徴を見ていきましょう。

一口に失恋といっても状況はさまざまです。
お互いに納得した状況でそうなった場合もあれば、いずれか一方のみの言い分でそうなってしまう場合もあります。
前者に関しては、双方が納得している状況なので荒れることもなく、別れた直後も相手のことを評価したままでいることも可能です。
しかし、一方のみの主張で別れることになってしまった場合は、直後からしばらく時間が経つまで相手のことを強く嫌悪してしまうことが多いです。

もし、嫌悪している関係であれば引きずって女々しく考えてしまうことは多くありませんが、比較的良い関係のままで別れることになってしまった場合は「別れなくとも良かったのではないか」という思いが浮かびやすくなります。
すると、「もう一度やり直したい」という欲望が生まれてしまい、それが結果的に女々しく引きずる状態を引き起こします。

つまり、引きずりやすい人の特徴は「物事を寛大に受け取る傾向が強い」「考えや感情が長続きしにくい」などの特徴があります。
一つの物事に対して責任を取る姿勢がないため、他力本願で成り行き主義の主義主張をしがちな男性に関しては、責任転嫁しやすい傾向があるため一つの恋愛を引きずりやすい傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です