復縁の可能性を上げる?!良い振られ方とは?

【良い振られ方とは】

芸能人などの話題を聞いても、いつの間にか別れたカップルが復縁していた、というケースをよく聞きます。
これには実は、良い振られた方というものがあるためです。
では、良い振られ方とはどのようなものなのか?というと、これには別れ際の良いパターンというものが存在し、逆に相手が引いてしまうような別れ際もあります。
とても好きな相手であるからこそ、未練があって、なかなか振られることを理解できない苦しみ、これは多くの人が体験をされてますが、もし復縁をいつか望んでいるのならば、一度、さっぱりと身を引く振られ方の方が、恋愛においてはベストとされています。
あまりにも未練が大きい印象の「振られ」状態であると、相手の方で恐怖心を感じてしまいます。
その結果、復縁がうまくいかなくなってしまうのです。

【恋愛では振られ方が重要】

それでは、どのような別れ方が良い振られ方であるのか、というと、未練などを一切出さずに、あっさりと振られる方法です。
この場合、振った相手の方も「意外である」と感じることが多く、またその後に、振った相手に新しい恋人が出来た、と聞くと「何だか惜しいことをしてしまった」と振ったことを、後悔するパターンさえあります。
なんとも身勝手な、と思われがちですが、実際に、恋愛においては、失ったものの大きさを確認すると、相手の方からやり直しを持ちだしてくることさえあります。

【良い振られ方で思わぬ展開になることも】

このように「良い振られ方」をすることで、思わぬ展開になり、同時に復縁の可能性もとても高くなります。
先にあったように、すぐに新しい恋人ができた、と聞いたり、あっさりと別れることを承諾されると、相手もプライドがありますから、「そんなに自分は愛されていなかったのか」「あの恋愛は何だったんだ」と、プライドが良い意味で傷つく傾向があり、復縁の可能性が、ぐっと高くなります。
特にこれは、プライドが高い人ほど効果的であります。
「自分にとても自信がある人」の場合には、未練をまったく見せずに去っていった相手を感じると、もう一度やり直した方がいいのでは、と考えがちになります。
これは一つの心理的な作戦であり、本当に好きであれば、引き留めたいものですが、逆に可能性を信じるのならば、相手のことを一切考えないようにして、さっと波が引くように引いた方が得策です。
また、そのように行動したものの、未練が自分にある、と感じた場合には、別の恋を体験してみよう、という気持ちや趣味などに没頭すると、いつの間にか相手を忘れており、そこから気づけば復縁が出来ていた、というパターンも存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です