社内恋愛で恋人に嫉妬しないために

社内恋愛中のカップルは、職場も一緒にいられるという他のカップルにはないメリットがあります。
もちろん仕事中なので親しげに会話をしたりプライベートなやりとりをすることはできませんが、好きな人と同じ空間で働けるということだけで仕事が楽しくなるものです。
しかし、同じ職場にいるということは、恋人が異性の同僚と話をする場面が目に入るということでもあります。
また、上司命令によって異性と二人でチームを組んで共同作業をするということも十分にあり得ます。
恋人には断って欲しいと思うのが心情ですが、現実的に上司命令に逆らうことはできず、自分の視界内で共同作業をしている場面を強制的に見せられてしまうのです。
そういったことがあると恋人に嫉妬してしまいますが、それは同じ社内で恋愛をしている以上避けられないことです。
そのことを受け入れられなければ社内恋愛が終焉を迎えてしまう可能性もあり、嫉妬せず受け流す方法を身に付けることが恋愛を続けるための秘訣なのです。
社内で恋人に嫉妬しないためには、まず休日に二人で過ごす時間を多く持つことが大切です。
社内恋愛のカップルは平日でも同じ空間にいられるため休日に積極的に会うことが多くありません。
見たい映画があったり、行きたいイベントがあるときはデートをしますが、そういったことがなければ休日に会わないことも少なくないのです。
しかし、そうなると二人だけの時間を上手く作ることができず、お互いのことを信頼することができません。
それゆえ嫉妬感情が生まれてしまうのです。
休日に二人で過ごす時間を多く持ち、二人の信頼関係を強めれば会社で恋人が異性と仕事上のコミュニケーションを取っていたとしても気にすることはなくなるのです。
また、同棲するのも良い方法です。
同棲すれば帰社した後は同じ家にいることになるため、会社であったことを包み隠さず話す時間を確保できるのです。
恋人が会社で行っていた仕事の詳細を聞けば、同じチームに異性がいて親しげに話していたとしてもその内容を詳しく知ることができます。
また、自分がどういう状況で嫉妬してしまうのかということを話せば、相手もそのことを理解して会社で必要以上に異性の同僚とコミュニケーションを取ることを避けてくれるはずです。
通常のカップルより一緒にいる時間が長いことは、思わぬ嫉妬心を生んでしまう可能性があります。
大切なことはお互いの信頼関係を深めることなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です