失恋も泣けばスッキリ!オススメの涙活方法まとめ

「婚活」「恋活」「涙活」「就活」など、ここ数年でさまざまな「活」が注目されるようになっています。
いずれの「活」にしても必要性があることだからこそ注目されるようになっていることに違いはありませんが、だからと言って必ずしもそれぞれの「活」に取り組まなければいけないということではありません。
あくまでも「やっておくと良い」という程度のことであり、それ自体に強制力があるわけではありません。

さて、人によって恋愛は「生きる糧」となり得るものですが、逆に人生を生きていく上で不必要なものだと考えている人もいます。
人間が今のような繁栄を成し遂げることができた要因は、知能を身に付けてから一度も絶えることなく生存し続けてきたからだという事実はありますが、それはつまり「恋愛をしてきたから」に他なりません。

言い方を変えると、人類は恋愛をしてきたからこそ今のような繁栄があるわけであり、恋愛なくして繁栄はなかった可能性すらあり得ます。
ただ、すでに現在の環境において恋愛を経験している人ならば分かることですが、「成功の陰には多数の失敗」があります。
恋愛における失敗とはつまり「失恋」です。

人によりけりですが、失恋のショックで泣いてしまった経験がある人はたくさんいます。
男性にはそれほど共感されない部分もありますが、女性は失恋を経験して泣いたことがある人は非常に多く居ます。
そこで注目されるのが、冒頭でも紹介している通り「涙活」です。

これは何も失恋を気になくことをすすめているわけではありません。
「泣けばスッキリする」という印象は非常に安易なものであり、人によっては泣きたくとも泣けない場合もあれば、泣いたからと言ってまったくスッキリしたと感じない人も大勢います。
ただ、涙を流す行動自体が非日常的な印象を与える行為であり、「泣く」という行動自体が特出した行動のように認識されることが多々あります。

映画を見てなくもよし、素晴らしい芸術を見てなくもよしです。
結果的に「涙を流した」という事実が残りさえすれば「涙活」は成り立つ以上、どのような形であれ涙を流そうとして努力をします。
たしかに、「泣く」という行動自体が抑圧されているものなので自由気ままにできることではなく、それをすることによってある種の解放感を感じられることは否めません。

どのような方法であっても目的としていることは「スッキリすること」である以上、求めるならば泣ける要素を見つけ出して積極的に涙を流すことが効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です