職場恋愛成功の王道パターン

職場で好きな人が出来ても、告白が失敗した後の相手の態度や周囲が気になって気持ちが打ち明けられないと思っている人は居ませんか?実際、好きだと思った気持ちを自分の心に隠し通すには限度があるので告白を成功させるためにも王道パターンでアタックする方がオススメです。

私も実際に職場で社内恋愛をした経験があり、最初は会話を増やすことから始めました。
恋愛で最初に大事なのは相手に異性であると認識してもらうことです。
仕事仲間だとしか思われていない場合は、恋愛対象にも入るのは難しいでしょう。
簡単なことですが顔を合わせた際の挨拶を含めて、休憩時間に仕事の話以外にプライベートな会話が出来るように努力することが大事です。

女性の場合、案外照れがあって職場で相手に話しかけづらいと思ってしまう方も居ますが、告白の成功への道としてはある程度職場で信頼関係を築いておく必要があります。
話したこともなく、いきなり告白をしても断られてしまうのがオチです。
突然アドレスも聞いても相手側も戸惑ってしまいます。
何か一つでも共通の話題を探して親近感を高めて連絡先交換をしましょう。

そんな王道パターンで成功した私は、相手と同じアイドルグループの話題で休憩時間によく盛り上がりました。
当初は朝の挨拶だった関係も携帯のアドレス交換をするまでに進展して、お互いにアイドルの情報交換をし合いました。
これだけでは仲の良い職場仲間止まりですが、ここから更に関係を進展させる為に取った行動が外で会う約束です。
幸いにも私は相手側から複数人との職場仲間と出掛ける予定に参加させてもらったケースがあります。
誘うにしても触られるにしても二人きりの外出じゃなくても、とにかく仕事以外で会える予定が出来たなら積極的に参加をしましょう。

特に恋愛で多いのは同性の友人に付き添いをしてもらうことです。
それでは意中の相手と二人きりのチャンスを逃しかねないので、恋愛を成功させる鍵としては単独行動が重要です。
誰かの協力を得ると、信頼していても周囲に「実は」と自分の気持ちを漏らされてしまう危険があるからです。
告白する前に相手に伝わるという最悪の状況にならないように注意しましょう。
また、告白のタイミングは今の関係に限界を感じたら行うのが良いです。
私も最初は仲良くなって会話が弾むことが嬉しくて堪りませんでしたが、徐々に今度は恋人として隣に居たいと思うようになり電話で告白をしました。
一番の王道パターンですが無事に告白も成功して付き合うことが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です