性格診断で自分とピッタリの恋人を見つけよう

【恋愛と性格診断の関係】
性格診断はとてもよく当たるもので、プロの心理学者などや精神科医などはもちろん、占い師を行っている人であっても、この診断を用いて、今後のあなたの恋愛傾向はどうなるか、などを分析し、占いをしていることがあります。
これは、多くの統計などに基づいて出されたものであるため、本当に自分自身が占いなどの力によって、霊視されているように感じることもありますが、実は心理学が応用されている、ということがあるのです。
もちろん、本物の霊視能力を持つ占い師の人もいますが、多くの場合、タロットにしろ生年月日などの占いにしろ、相手の容姿や話し言葉、このような傾向などから、恋愛のアドバイスをすることがあるのです。

【でも容姿が互いに範囲内でないとダメ】
おおまかには、性格診断にも色々なタイプのものがありますが、9つのタイプに分類されるものが有名であり個々人の性格を9のタイプにわけています。
例えば数字が1の人物は正義感が強いと同時に、完璧主義者などと出ます。
一方で最もモテるタイプである数字が2のタイプの人物は社交的で明るく、前向きで場の空気を和らげる存在、などとされています。
この場合、ほとんど2の数字のタイプが劇的にモテモテですが、数字2のタイプが好きになる傾向の異性は、例えば同じ数字2のケース、または芸術肌でとても個性的で優しいタイプの数字4の異性、となっています。
しかしこうしたケースでも、お互いに意気投合などをした場合でも、少なくとも、お互いに異性として認識出来るか、つまり男女の関係になれるかどうか、その容姿が自分たちの許容範囲であるかどうかで恋の先行きは異なってきます。

【意思疏通がピッタリだからこそ長続きする】
このように、個性がピタリと合うケースであれば、恋愛というものは長続きします。
先のような2のタイプと4のタイプの場合には、4があまりにも独創的な人物であるため、興味本位から2は付き合い始める、というケースがあります。
また一方でこれとはまた別に、とても穏やかな性格として有名なタイプ9などの場合には、その穏やかさが良い面として出ているため、4の数字を持つ女性が強烈に9の男性に魅かれるケースがあり、相性の面ではお互いにばっちりです。
このように性格がピッタリだからこそ長続きする関係というものがあり、逆にいくら容姿が好みであっても、真逆のタイプであれば、すぐに恋愛は破たんしてしまう、とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です