失恋をプラスに!別れの言葉を次の恋愛に活かそう

人が経験する恋愛の数は個人差がありますが、少なくとも経験するうちのほとんどは「失敗」に終わります。
数々の恋愛経験の末、「成功」したもの1つだけが「結婚」という次のステージに歩を進めることができます。
人によっては、初めて経験する恋愛が成功して結婚に至ることもありますが、「失恋を経験したことがあるか」という部分は、何かにつけて大きな影響を与えるポイントです。

たとえば、ある恋愛が終わりを告げた時に相手から投げかけられる言葉あります。
失恋のたびに別れの言葉があり、それをひとつひとつ噛みしめることによって人間的に成長することができたり、新しく恋愛観を養うことができるなどプラスに働く効果が期待できます。
もし、初めての相手とそのまま結婚するに至った場合には、少しでも多く相手の意見を知ることができるように意識しておくと良いでしょう。

たとえば、「性格に関する苦言」を言われたとすれば、それは近しい人全員が感じている問題である可能性が発覚します。
「自己中心的」「優柔不断」「嘘つき」「八方美人」などさまざまな内容が想定できますが、いずれにしても「その性格が影響して不利益を被っている人がいる」ということを自覚するきっかけにはなります。
自分自身で気付いている部分を指摘されているならまだしも、知らない部分を指摘されているとすれば「チャンス」以外の何物でもありません。

もしも「見た目に関する苦言」を言われてしまった場合には、何をどうすれば異性からの評価を上げることができるのかを知ることができます。
世の中には「イケメン」「フツメン」「ブサメン」などと評価される男性がいて、それと同じように女性も見た目で優劣を付けられながら生活しています。
ただ、恋人に対して見た目を重視している人は「青二才」であるというしかなく、見た目で振られてしまった場合は単純に縁がなかったと割り切っても良いでしょう。

また、失恋の際に良く投げかけられる言葉として、「好きだけど別れましょう」といったニュアンスのものがあります。
これは、いわゆる「良い人」と同じような言葉の性質を持っているため、「嫌いじゃないけど好きでもない」に近いイメージです。
つまり、「好きならなぜ別れる必要があるのか」などと考えても不毛で、相手にとっては興味の対象から外れてしまっているのだと理解しましょう。

そして、なぜそうなったのかを聞き出すことで次回以降の恋愛で同じ轍を踏まずに済むよう、最大限に活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です